カードローン申込みの前にはしっかりとした返済計画を

カードローンに審査・申込みをする前には、返済計画を立ておかなければなりません

カードローン申込みの前にはしっかりとした返済計画を

カードローンは計画性が大切

銀行系、信販系、消費者金融系、どこの金融機関でカードローンの利用をしようとしても、「カードローンの利用は計画的」にという言葉を耳にします。

急にお金が必要になったときは、目先のお金のことばかりに意識が集中してしまい、返済について考えられなくなることが多いです。
しかし、お金を借りたのであれば、必ず返済をしなければいけません。
返済のシュミレーションをしっかりとして、キチンとした返済計画を考えておく必要があります。

最近では、パソコンやスマートフォン、携帯電話からカードローン会社のHPにアクセスすると、返済シュミレーターというものを使った返済計画を提案してくれるところが増えてきました。
カードローンの審査・申込みをする前には、このような返済シュミレーターを利用した返済計画を立てておくようにしましょう。
そうすることによって、借り入れをしても無理の無い返済ができるようになります。


カードローン

必要な書類を前もって準備しよう

カードローンの審査の前には、揃えておかなければならない書類が数点あります。
カードローンの申し込みをする金融機関によって用意しなければならない書類は多少異なりますが、本人確認書類としての健康保険証や運転免許証、パスポートといった身分証明書のコピーは必ず必要です。

また、収入を証明する書類も用意しなければなりません。
収入を証明する書類が必要な訳として、総量規制が大きく関わります。
総量規制とは、年収の3分の1以上の金額は借り入れができないという法律上の決まりで、カードローン会社もこの決まりを守りながら融資をしなければなりません。
そういったことから、カードローンの審査・申込みをする際には確定申告書や所得証明書、源泉徴収票や給料明細などの収入を証明する書類の提出が必要となるのです。

カードローンの審査・申込みをする際には、身分証明書と収入証明書を忘れずに揃えておきましょう。



カードローンの利用前の確認事項

自分でお店を営んでいる自営業の人などは、企業に勤めるサラリーマンやOLに比べてカードローンの審査に落ちやすいと言われています。
自営業は決まった額の収入が毎月入る訳ではなく、振れ幅がどうしても大きくなってしまうことが原因ですが、実際のところ、自営業でもカードローンの利用をしている人は少ない訳ではないのです。

自営業者が審査を受ける前には自分自身の年収をしっかりと確認しておく必要があります。
そしてその年収を証明するためにも、確定申告書や所得証明書と言った書類を準備するようにしましょう。

自営業であっても、安定した収入があること、しっかりとした返済能力があることをアピールすることが大事です。
そうすることにより、カードローン会社にも返済能力を認められ、審査に通過し、お金を借りることができます。

消費者金融

Copyright© 2014 カードローン申込みの前にはしっかりとした返済計画を All Rights Reserved.